あなぶき興産

コンセプト

由諸正しき品格の地、城下北田町。

History of Matsue Castle City

1600年 松江に移城
1600(慶長5)年11月、関ヶ原の戦いに戦功のあった堀尾忠氏は、出雲・隠岐両国24万石の太守として、父である吉晴と共に、遠江(とおとうみ)国[静岡県]浜松から広瀬の月山富田城(がっさんとだじょう)[現在の安来市]に入りました。しかし、月山富田城は多くの欠陥を持っていたため、幕府の許可を得て松江に移城することにしました。
1604年 松江城完成
1604(慶長9)年、忠氏が28歳で急死、嗣子(しし)の忠晴はまだ6歳であったため、祖父の吉晴が国政を補佐し、城と城下町の建設は1607(慶長12)年に着工、5年の歳月をかけて1611(慶長11)年に完成しました。
松江城下の町割り
橋北の城に近い殿町・母衣町・内中原町・田町一帯を侍町、その外側の末次本町・茶町・苧町・東本町は町人町となっていました。橋南の白潟本町・八軒屋町・天神町・灘町などは町人町、その南は足軽が住む雑賀町です。橋南の東側には寺町があり、合戦の際の出城となっていました。城は内堀で囲み、侍町の周囲には外堀(北田川・京橋川・四十間掘川・田町川)がめぐり、道路は鈎型路(かぎがたろ)・丁字路(ていじろ)・袋小路や勢溜(せいだまり)を設け、実践を意識した合理的・計画的な城下町になっています。
1638年 松平氏の時代へ
松江開府の祖である堀尾氏は3代で嗣子なく断絶。1634(寛永11)年に京極忠高が出雲・隠岐2ヶ国26万4千石の領主として、若狭国(福井県)小浜から入封して、斐伊(ひい)川・伯太(はくた)川の治水に努めたが3年で病没。これもまた嗣子なく断絶しました。1638(寛永15)年、信濃国(長野県)松本から松平直政が出雲国18万6千石の藩主として松江城に入りました。
茶道文化が成熟
7代治郷(はるさと)は家老に朝日丹波郷保(あさひたんばさとやす)を登用して藩政改革を行い、勧農抑商の政策によって藩財政は好転していきました。また、治郷は不昧(ふまい)と号し、茶の湯を極め、名物茶器の収集や、陶芸・木工芸などの振興、茶道文化の成熟に寄与し、茶の湯と和菓子の文化を今に伝えています。

歴史ある松江城下、北田町。全46邸、洗練のレジデンス誕生。

安らぎと快適性を両立させた意匠

エントランス廻りには、四季を奏でる植樹計画を採用。
住まう方、訪れる方を迎え入れ、行き交う方にも安らぎと潤いを与えます。
華美な装飾にこだわるのではなく、生活に必要なものにプラスアルファの上質を加えることで、快適性の向上を図ります。

ENTRANCE HALL

LAND PLAN

全平面駐車場121%確保

全住戸分の駐車場を揃えました。さらに、平面駐車場なのでストレスなく、車の出し入れができます。

風除室には管理人室を設置

風除室には管理人室を設置。共用部のメンテナンス手配はもちろん清掃なども管理人が行います。

不在時に便利な宅配ボックスを設置

不在時にも荷物のお預かり、受け取りができる宅配ロッカーをエントランスに設置。

1階の共用部にタイヤ置き場を完備

冬用のタイヤをしまえるよう1階の共用部に全戸分のタイヤ置き場を設置しました。

いざという時安心の防災倉庫

アルファスマート北田町には1階共用部に防災倉庫があります。防災倉庫は将来を守るための備え、万が一の非常時を考えた備蓄設備です。

もしもの時に役立つ防災グッズがセットされる予定です。

  • 非常食
  • LEDランタン
  • 非常水
  • 手回し充電機
  • 工具セット
  • カセットボンベ等
  • 救急セット

※上記内容は変更になる場合がございます

お散歩後に便利なペット足洗い場

1階共用部にペット専用の足洗場を設置。お散歩後のお手入れなどに便利です。

住民の安全を守る監視カメラ

不審者の侵入をいち早く察知するために、共用部には監視カメラ(ビデオ録画付き)を設置しています。

Live!

12月12日(火) PM7:10

本日、モデルルームは休業日です。

12月14日(木)、10時より営業いたします。
ご来場の予約は、フォームより受付しております。